拡大マスト委員会
委員長  吉村亮

【基本方針】
私は流山青年会議所に入会して様々な委員会を経験し、例会や事業を良き学びの場だと感じております。その中でも特に感じたことは、やはり同じ運動や困難なことからでしか共有することのできない仲間の大切さ、共通の時間が仲間意識を次第に強固にする事の素晴らしさを実感しております。

青年会議所は「明るい豊かな社会の実現」のもと運動しています。その一つとして、原則20歳から40歳までの限られた期間しか入会できません。その中で運動していく上で避けては通れないのが会員拡大です。有意義な委員会の運営や、充実した例会や事業を継続して行うためにも、会員拡大が最重要であると考えます。流山青年会議所は人数増加傾向にありますが、各青年会議所では会員の減少が問題視されているLOMも多々あります。活動していることが立派なことであっても、人が少ないと青年会議所の魅力も半減してしまうものです。それにより、会員拡大も上手くいかなくなる恐れがあります。やはり、負の連鎖に陥る前に会員拡大が重要であります。

そこで本年度の会員拡大委員会では、流山青年会議所全メンバーが「会員拡大マスト」の意識を再認識してもらうためにも、各委員会回りを徹底し、全てのメンバーへ拡大の意識付けをしてもらうとともに、対象者情報を漏れなく吸い上げていくことで同じ価値観のもと協力しあい、歩幅を合わせながら、一体感をもって会員拡大していきたいと思います。更に、今まで多くの新入会員対象者を集め、効果的に入会へと導いてきた異業種交流会を開催することにより、まだ見ぬ仲間と一人でも多く出会い、共に運動していけるよう15名以上の会員拡大を目標として、1年間邁進し、未来へ繋げていきます。

事業計画
1.担当例会の開催(4月、8月)
2.各種大会の設営(千葉ブロック大会)
3.新入会員オリエンテーション
4.拡大事業(異業種交流会)
5.15名以上の会員拡大への推進