経営資質委員会
委員長  金井慎太郎

【基本方針】
今の日本経済は、2020年東京オリンピック・パラリンピックの影響や、アベノミクスの経済政策などにより、景気は上向き傾向になっています。しかし、我々中小企業はその影響をあまり感じることができません。そのような経済状況の中で、私たち一人ひとりが政府の政策に頼るだけではなく、自ら経営に対する知識をより深め、経済人としての資質が高いリーダーを輩出し経済を活性化させることで地域に還元していく必要があります。

青年会議所で学べる時間は、数少ない貴重な時間であります。その限られた時間を勉強の場として、経験することが如何に大切か。この経験を自分自身だけではなく、従業員にも伝えることで更なる自社の成長にも繋がります。私は本年度、流山青年会議所を卒業となります。今いるメンバーやこれから流山青年会議所に入会する方々に、経営に必要な知識だけではなく経営者としての資質を磨くことができる時間を作らせていただきます。

人間力という言葉があります。この言葉は経営者等に好まれている言葉ではありますが、具体的な定義がないため、理解しかねている人が多いようです。抽象的な言葉なので人によって解釈が変わってきます。私の考える人間力というものは「真の思いやり=ホスピタリティ」だと思います。このホスピタリティを学ぶことによって信頼される、仕事に誇りを持てる、そして、自分が成長できるといったメリットがあり、自社企業の繁栄、そして地元流山の活性化に繋がります。また、人間力だけでなく、流山青年会議所会員が経営に必要な知識を得て、自社の現状を把握し、今後の成長に繋げる戦略眼や思考力を身につけることにより、未来を見据えた経営を学ぶことも必要であると思われます。本年度はこの人間力と経営に必要な知識を学べる例会を開催いたします。

事業計画
1.担当例会の開催(3月、6月、10月)
2.各種大会の設営(千葉ブロック賀詞交歓会)
3.会員拡大の推進(2名)