一般社団法人 流山青年会議所
第36代理事長予定者
川原 大佳
一体感~歩幅を合わせ未来へ繋げ!!~

昨年流山青年会議所は創立35周年を迎えることができました。これまで青年会議所運動に賛同して頂いた方々や、歴史を紡いでこられた諸先輩方に感謝の意を表すとともに、「明るい豊かな社会の実現」に向け我々は団結し、また新たな一歩を踏み出し青年会議所運動を展開していかなければなりません。 現在流山青年会議所は県内でも勢いのあるLOMだと自負しております。メンバーそれぞれ入会する目的の一番の理由を考えると「仲間づくり」を目的にして入会してくるメンバーが大半を占めているのではないでしょうか。しかしただ入会するだけでは仲間はできません。「明るい豊かな社会の実現」を最大の目標として、それに向かって掲げる年間の道筋をつくり、そして委員会ごとでその道筋のために、何度も会議を行い、計画を立てて行動し、しっかりと検証を行い、その運動を本気で取り組む事により一体感が生まれ目的である「仲間づくり」へと繋がります。そしてその「仲間づくり」が青年会議所運動の原動力となり「明るい豊かな社会の実現」に向けた、まちづくり、青少年育成、自己成長へと結びついていきます。 昨年度35周年記念事業の実行委員長を務めた時、多くの学びを得て、委員会メンバーはもちろん、全メンバーの多大なる協力により事業を成功することができました。その時得た気づきが、メンバー同士それぞれ青年会議所に対する思いは違い、歩幅を合わせていかなければ絶対にまとまる事ができないと痛感致しました。会員数が増え続けている今こそ、私達メンバー全員が同じ方向を向き、一体感をつくらなければなりません。そのためにも歩幅を合わせ経験値の高いメンバーは新しいメンバーに青年会議所の魅力を自分自身の率先する行動で伝え、また、入会浅いメンバーは各種大会から委員会まで積極的に参加することが流山青年会議所をさらなる強固な組織へと創り上げて行く鍵になるのではないでしょうか。

【会員交流】
今年度は会員相互の交流を目的とした委員会を設けました。近年会員拡大の成功により、急激に新しいメンバーが増えてまいりました。現在メンバーの約半数は入会3年未満が多く、メンバー各々の魅力を把握できていない事や、事業、例会、委員会に参加できていないメンバーがいるのも現状です。会員数が増えても、チームの魅力を理解していなければ、弱小チームになってしまいます。こういった現状を打破し、我々は同じ歩幅で同じ方向を向き、「明るい豊かな社会の実現」に向けて運動展開していくためにもしっかりとした基盤をつ くらなくてはなりません。今年度は委員会の垣根を超えた会員相互の交流や、委員会の絆が強くなる例会を開催致します。また、新入会員への積極的なサポートや、出席率の悪いメンバーへのサポートを行い、退会者を減らします。そしてOBとの交流事業も積極的に行うと共に、例会以外でもメンバー同士交流する場を設け流山青年会議所の未来を見据え、交流に満ち溢れ一体感を生み出す活動を展開致します。

【経営・資質】
2020年東京オリンピック・パラリンピックの影響や、アベノミクスの経済政策などにより、内閣府発表の景気動向指数によると、日本の景気は上向き傾向になっている一方で、近隣諸国との関係や、少子高齢化、そして労働者不足など先行き不透明な状況であります。その様な状況でも、我々経営者又はそれに準ずるメンバーは会社を守り、業績を伸ばし繁栄させなければなりません。また、青年会議所活動を行う上でも、我々の基盤となる自社のしっかりとした体制をつくり、まずは自分達の足元を固め、未来を見据えた形で会社経営を行なう必要があります。その為にも、地域や廻りの人から愛され、そして頼られる人間力豊な経営者が必要であります。そうする事により、チームワークの強化、人材の育成に繋がり、企業が益々繁栄致します。青年会議所メンバーは業種も違い、会社の規模も違いますが、会社の大小問わず例会に参加したメンバー全員が解りやすく、直ぐにでも実践する事ができ、自社の成長、そして自分の成長が出来る例会を開催致します。

【会員拡大】
これまで「明るい豊かな社会の実現」に向け我々は、地域の為に様々な運動を行ってきました。そしてこの先も絶える事無くこの運動を行っていかなければなりません。しかし、メンバーには限られた時間があり、会員の拡大を行わなければ、どんどん会員数が減少し、実りある委員会が開催出来なくなってしまいます。また、それに比例し充実した例会、事業の開催が困難になってしまいます。それでは青年会議所運動の魅力も伝えづらく、会員拡大活動に悪循環が生じます。そんな状況を迎える前に、常に会員拡大する事は必要不可欠となります。またメンバーが増え団結することで、流山青年会議所にも更なる勢いが付き、力強い青年会議所運動が展開できます。メンバーの新陳代謝を良くする為に、全メンバーで会員拡大を行います。 そして、今年度は5名の卒業生を送り出し、2019年度には15名という多くの卒業生を送り出します。また、毎年平均して会員数の約8パーセントの退会者が出ているのが現状です。その為にも今年度会員拡大の目標人数は最低15名とし2019年度に備えて必ず達成しなければなりません。今年度も会員拡大委員会が軸となり、メンバー全員を巻き込み会員拡大の取り組みを行います。そして会員拡大に繋がる例会、委員会事業を開催すると共に、新入会員へのオリエンテーションも開催致します。

【まちづくり】
私は、10年前同じ市内から今の地域に移り住みました。流山には幼い頃から住んでいるのでまちの事を多少なりとも知っているつもりでしたが、実際に居住しその地域のことを良くみると、様々なイベントや、街並み、そしてその地域の特色など実際住んでみて初めて気づくことが沢山ありました。流山は現在ベッドタウンとして人口が急激に増えており、県内一の人口増加率であります。流山へ移り住んだ方々は利便性や快適さを求めて移住してきた方々が大半だと思いますが、もっとまちを知り、様々な地域、建物、商店、イベントなど流山の特色を知ることにより更に流山に愛着が生まれ、この地域を大事にしていこうとする思いを持つ市民が一人でも多くいればまちは衰退せず繁栄していきます。そしてその背中を見て育つ次世代の若者がその思いを継承し流山は発展していくのではないでしょうか。流山が将来衰退しない地域づくりを一歩でも踏み出すための事業を開催致します。 継続事業、今年度も2013年度より始まった継続事業を開催致します。「人と人との繋がり」をテーマに今年度で6回目の開催となります。毎年継続してきた事で嬉しい事にリピーターも増え、流山青年会議所の看板事業となってまいりました。継続は力という言葉の通り、この事業を続けてきたおかげで市民からの流山青年会議所の認知度も上がり今後の運動にも拍車がかかるのではないかと思います。そして参加者の増加に伴い、より一層の安全対策や、事業運営のスムーズさを追求しこれまで積んできた実績の検証をしっかりと行い、今年度も先輩方の思いを引き継ぎ継続事業「流山一周ナイトウォーク」を開催致します。

【青少年育成】
昨年度は35周年記念事業で、子ども達を連れ3泊4日間キャンプに行く事業を担当致しました。その時感じた事は親や先生でもない、その日出会った我々と4日間共に過ごしていた子どもは、目を輝かせて事業を楽しんでいました。事業終盤ではメンバーと子ども達との間にまったく壁は無く、それどころか一体感さえ感じました。自分も幼いころ、普段関わらない地域の大人と一緒にいる時間はとても新鮮で楽しく良い思い出だった事を今でも思います。 今年度、青少年事業は我々と子どもが交流する事業を開催し、双方にとってこの事業が印象深い思い出となりその記憶の中に私達からのメッセージをしっかりと伝え健全にそして健やかに育つ事を願う青少年事業を開催致します。 また、青少年育成は子ども達だけの体験ではなく、子を育てる我々大人達にも学びを得る場が必要であります。昨年度PTA活動を通じて実際現場で働く教職員の方々から聞いた問題で、現在の子ども達を取り巻く環境は急速に変化しており、特に子ども間のSNS内でのやり取りなど教師が見えない部分が多くありそこから、いじめなどに繋がらないかという心配の声を聞きました。また、先日食事に行った際、隣のテーブルで家族が食事をしていました。親は携帯を片手に子どもから声をかけられ反応はしているが、ずっと携帯をいじたままでした。さらに、他のテーブルでは高校生ぐらいの子が友達と正面を向き合っているの ですが、ずっと携帯を手にしたままで目を見て会話はしていませんでした。そんな状況を見て私は不快に思いました。こういった問題点は家庭内での教育や躾が大切なのではないでしょうか。時代の変化により家庭内での教育と躾方など様々ではございますが、これからを担う子ども達にしっかりとした躾や常識、人に対する思いやりなどを教える大人の育成も取り入れます。

【渉外活動】
今年度は岡村徳久君を千葉ブロック協議会第51代の会長として輩出します。また、運営専務に小林勝成君、事務局長に海老原一典君、財政局長に久保田学君、そして多くのメンバーが千葉ブロックへ出向します。千葉ブロック会長を輩出するにあたり、多くのメンバーでサポートしなければなりません。それに伴い今年度は対外的な活動が増えてまいります。その活動を円滑に行うために渉外委員会を設け千葉ブロックとも密に連携がとれる体制を創ります。また各種大会の設営もすることで、設営に関する細かな情報収集ができスムーズな設営ができるのではないかと考えます。 そして先にも記載しましたが、現状流山青年会議所は会員数が急激に増えてきておりますが、入会年数の浅いメンバーが大半を占めております。今後流山青年会議所の未来を見据え組織を強化していく必要性があります。そこで渉外委員会ではLOMの強化を図り、青年会議所運動の魅力が新入会員、入会浅いメンバー、そして経験値の高いメンバーも今一度認識できるよう組織力強化を図る例会を開催致します。

【専務室】
私達が「明るい豊かな社会」を築いていく為に組織の円滑な運営をするには、会の中心的役割になる要が必要です。青年会議所内の事務的な内容や、会計などの情報を各メンバーと共有し、円滑に各事業が展開していけるよう少数精鋭体制にて運営していきます。また、広報においては、積極的にホームページやSNSを活用し流山青年会議所や流山市の情報を対外的にアピールしていきます。流山をさらに良くしていきたいという思いで運動している、熱き思いの青年経済人をより多くの市民に知って頂く事が出来れば、我々流山青年会議所の魅力を知ってもらえる事はもちろん、その魅力は会員拡大にも繋がるものと考えます。2018年度専務室一丸となり円滑な青年会議所運動が展開できるよう組織運営を行います。

【むすびに】
青年会議所は40歳で卒業を迎えてしまう限られた時間があります。自分のリミッターは自分で決めるものですが、少し無理をして馬鹿になって一生懸命やってみましょう。それを見たメンバーは自ずとついていきます。それが一体感となり掛け替えのない仲間をつく ります。そして、実際やってみると、出来ない理由が沢山出てきます。しかし、それは言い訳にしかすぎません。誰のせい、何かのせいでは無く全て自分の責任です。しかし本気で体を動かして取り組めば絶対出来るはずです。もし失敗しても、成功させる方法が見つかります。思い切って一歩踏み出してみましょう。 「どの波に乗るかではなく、その波をどう乗るかが大切」これは2011年に他界された大澤誠君から闘病中に頂いた言葉です。生きていれば今年度卒業となります。この言葉の通り人生では自分が思い描く事通りにはいかず、その時、その時起る事をどう乗りこなしていくかが大切です。その経験が自身の成長や多くの仲間を生み出すきっかけとなるでしょう。 さあ!!一歩踏み出し、仲間をつくり、歩幅を合わせ、流山青年会議所を楽しみましょう!!

【事業計画】
1.青少年育成事業等の開催
2.まちづくり事業等の開催
3.継続事業の開催
4.経営資質研修の開催
5.15名以上の会員拡大
6.積極的な会員相互の交流
7.組織力の強化
8.円滑な各事業開催の為の組織運営
9.会の魅力を対内的、対外的に知って頂くための広報活動
10.OB会員との積極的な交流